日給制のメリットについて

月給制と日給月給制の違いを知っておく

PAGETITLE
正社員として仕事をするときには継続的に仕事をすることになるでしょう。それぞれの会社には就業規則が決められているので、基本的にはそれに準じて仕事をします。一応労働契約で個別の契約もできますが、そのときにはあくまでも就業規則が基準になりそれを下回る契約になることはありません。就業規則で決められていることは求人情報などにも一部が記載されていますから、その会社がどのように決めているかがわかります。

給料の支払い方法として月給制と日給月給制があることを知っておく必要があります。両方とも月給制の言葉があります。一応毎月支払われる金額はどちらも同じです。しかし欠勤や遅刻、早退等をしたときに少し変化が出てきます。月給制は欠勤をしようが遅刻をしようが毎月の給料は同じになります。決められた給料をもらうことができます。

前に日給がつくと毎月の給料は一定ながらもそれを日ごと、時間ごとに計算します。そしてもし会社が決めている就労時間に働いていない時間があればその分を差し引かれます。1日欠勤をすれば1日分の給料が少なくなります。どちらが一般的かといわれれば日給月給制の方でしょう。一見損のように感じますが、多くの会社で採用されている方法です。