日給制のメリットについて

日給と月給が入れ替わる用語がある

PAGETITLE
給料がどのように決まるかは会社などに勤めるときは重要になります。安易に条件が良いと決めて入社すると後であまりよくない待遇であることに気づかされることがあるので注意しなければいけません。勘違いしやすくなるのはよく似た言葉があるときです。労働基準法に細かく規定されていればわかることもあるでしょうが特に決められていない場合があります。その場合は一般的にどのように運用されているかで決まることもあります。

給料の支払い方として日給月給制と月給日給制の言葉があります。言葉が入れ替わっていますがどのように違うかです。法律で決まっているわけではないので厳密に違いを言うことはできませんが、前者は毎月同じ金額の給料を日割りで計算することを示します。欠勤などをしなければ同じ金額ですが、欠勤をすると日割り計算した金額が減らされます。

後者は1日の給料が決められていて、1箇月経ったときにまとめて払う意味で使うことがあるようです。一般的には普通の日給制と同じ運用の方法です。労働日によって異なるので、祝日などが多くなるとその分給料は下がります。会社が休みのときに下げられるので、有給休暇などでその分を補うことができません。給料が大きく変わることもあります。